PRESS RELEASE

Katsuki Connectionの『祈りの間』 iF DESIGN AWARD 2022を受賞

Katsuki Connection
2022年4月12日

IF design award2022 .jpg

Katsuki Connectonが2021年に発表したコレクション『呼応の間・あなたのクリエーションが開花する旅Vol.2』の『祈りの間』シリーズが、この度、iF DESIGN AWARD を受賞いたしました。
受賞部門は、 PRODUCT部門<Textiles・Wall・Floor> です。

今回受賞したコレクションは、折り重ねたときに現れる折り紙の立体感をモチーフにした、凹凸のあるラグと三次元ラグとを組み合わせています。古くは「祈り紙」とも呼ばれてきた折り紙。自分の心とゆっくり向き合い、祈りを捧げる静かな時間を演出する空間をデザインしました。

一枚の紙を自由に組み合わせて楽しむ折り紙の文化は、まるでレゴのように、暮らしに無限の楽しみをもたらしてくれます。折紙のデザインが世界に羽ばたいて、心豊かな生活を過ごす人々が増えることを願っています。

Katsuki Connection 代表  香月メッセージ
今回の審査結果は IdeaとFormの評価が高く、特にDifferentiation審査については非常に高い評価をいただきました。長いラグの歴史を持つヨーロッパで、こうして評価いただきましたこと大変嬉しく思います。

 

また、製作いただいた職人の皆様、大変な世情のなか審査商品を手配くださった輸送会社の皆様、カメラマンさんやiF DESIGN AWARD の事務局様、全ての皆様に心より感謝申し上げます。羊にも感謝です!
今後も人の心が豊になるデザインについて、真摯に向き合い邁進してまいります。

iF DESIGN AWARD  について

1953年にドイツで設立された、国際的権威のあるデザインアワードです。

「Red Dot Award」(ドイツ)と「International Design Excellence Awards (IDEA)」(アメリカ)と並ぶ世界三大デザイン賞の一つとされています。今年は世界から約10700件の応募がありました。